産毛を永久脱毛する方法

投稿日:

ムダ毛の処理を希望される方は、どのような部位が一番気になっているのでしょうか。
やはり一番は脇ですよね。 他の部位は気にならないけど、脇だけは気になる。という方が多いことと、お手頃なお値段で脱毛できる。ということから、永久脱毛への入り口として脇脱毛から入る人が多いようです。次は腕(ひじ下・ひじ上) 特に肘下(ひじした)が気になる方が多いようです。よく目につく部位だからでしょうか?次に気になるのは脚(膝下・膝上) こちらも特に膝下が気になる方が多いようですね。 スカートをはくと気になるからストッキングの中の毛が気持ち悪いからと言った理由があるそうです。最後はVライン(VIO)ですが、まるっきり脱毛してしまうことも可能ですが、形を整える、量を減らす、などで利用する人が多いそうですね。でも、意外と自分では気になりませんが、他人から見るととても気になるという部位が、顔の産毛、背中の産毛、うなじなどなんですね。しかし、レーザー脱毛は、太くて黒い毛にはよく反応してくれるのですが、産毛のような細くて茶色に近い毛にはなかなか反応してくれません。その為、脇毛や膝下の剛毛な毛は2~3回当てるとだいたいなくなるのに対して、産毛は最低10回は必要です。産毛の方が濃い毛よりもさらに時間が掛かります。(濃い毛の方が反応しやすいため)医療レーザーでもなかなか効果がでないことも多いですのでエステはさらに薄い毛には向かないと思います。ある程度濃い毛はエステにしてあとは医療にするとか、医療でも安いところだと全身30万程度のところもあります
産毛がまったく生えないような永久脱毛は難しいようです。でも減らせるならいいのかもという程度でしょうか。人並み以下にはなれるってことですよね。痛いのはちょっと怖いですけど、やってみる価値はありそうです・・・

豆乳ローションは脱毛効果があるか?

投稿日:

最近注目され始めましたのが、除毛クリーム効果があるといわれます、豆乳ローションです。「抑毛」といった言葉で言い表されたりもしますが、ようするに、“今、生えているムダ毛を徐々に退化させていく”これがムダ毛に効くという豆乳ローションの効果です。使い続けていくうちに、濃いムダ毛が薄くなっていき目立たなくなる。これが豆乳ローションを使うことで得られるメリットなわけです。ですから、この場合は即効性はありませんのでゆっくり根気よく使用するのがいいでしょう。
豆乳ローションの使い方はとっても簡単で、毎日1,2回ほど適量を手で塗るだけです!
1.お風呂上がりに塗る
お風呂やシャワーを浴びた後、ムダ毛が気になるところに手で塗ります。
一回に塗る量の目安ですが、ボディローションを塗る感じで、塗った箇所がしっとりとするぐらいでよいでしょう。
2.カミソリで剃ったり毛抜き処理をした後に
ムダ毛処理をした後に豆乳ローションを塗ります。
抑毛効果に加えて、豆乳ローションの保湿成分によりムダ毛処理による肌荒れを抑えてくれるので一石二鳥です。
3.コットンに豆乳ローションを含ませてパッティング
化粧水でのパッティングと同じ要領でむだ毛を薄くしたい箇所に行います。
4.綿棒を使ってピンポイントで塗る
眉毛やなかなか薄くならない一本毛など、ごく狭い範囲に塗りたいときには綿棒を活用。
豆乳ローションの使い方の例はこんな感じでしょうか。結論としては、体の部分によって最適な塗り方をしましょう、ということになります。また、一度に沢山塗ってしまうとローションが下に垂れてしまってもったいないのと、一度に大量に塗ったからといって効果が即実感できるわけではないので注意です。豆乳ローションはゆっくりとムダ毛に作用するので、一度にこれでもか!と塗りたくる使い方よりは、毎日欠かさず適量を塗る使い方のほうが、効果的で一番早く実感が得やすいといえます。

夏までに完璧にできる自己処理による安全な脱毛

投稿日:

少し前までは、カミソリははだに悪影響を与えるということで、あまりお勧めではありませんでしたが、最近のカミソリはかなり進化していまして、女性用として開発されてものはとても安全で、100均でもドラッグストアでも、どこでも手に入るカミソリはとても便利で手軽な脱毛方法です。お風呂などでいつでも気軽に除毛することができます。
最近の女性用カミソリは、男性の髭剃り用みたいに3枚~5枚刃の深剃りできるタイプが主流で良く売れています。
刃が複数枚あるので、横滑りしたり、肌に直接刃が当たらないようにガードしている「セーフティワイヤー」付きのものや、肌に優しい「アロエスムーザー」付きのもの、ボディーソープなしで剃れる、刃と石鹸が合体した「イントゥイションプラス」など、様々な種類のものが出ていますから、あなたの肌に合ったカミソリを選びましょうね。
カミソリでは肌に合わないという方には、まだカミソリ使っているの?という言葉があるように、カミソリから一歩進んだ除毛クリームというものがあります。塗ってしばらく置いてシャワーで流すだけですから、簡単ですし生えてきてもチクチクしないのが嬉しいですね。ほとんどの除毛クリームにはアルカリ性の薬剤が含まれており、その成分が毛のタンパク質に作用して毛を溶かします。このアルカリ性の薬剤は肌に刺激を与えるため、使用の際は、必ず事前にパッチテストを行うようにしてください。
除毛クリームのパッチテストは、少量の除毛クリームを5分ほどムダ毛において拭き取り、その後24時間肌トラブルがないかをテストします。これを怠ってしまうと、場合によっては広い範囲でかぶれや炎症を起こしてしまうことがありますので、必ず行うようにしましょう。また、肌は毛と同じくタンパク質でできているため、タンパク質に作用するクリームの成分は、肌にも負担を与えます。敏感肌の方は“敏感肌用”商品が出ていますので、そちらのタイプを試すことをオススメします。

意外と気になるのが鼻毛の処理

投稿日:

よく、鼻の中に親指と人差し指を入れて鼻毛を抜いている人を見かけることがありますが、鼻毛は抜いてもいいのでしょうか。
鼻毛について 何とかしたい!」「いつも鼻毛がもぞもぞしていて気持ち悪い」「頻繁に鼻毛を抜いているが、一向に状態が変わらない」と悩みを打ち明けるひともたくさんいます。でもちょっと待ってください。鼻毛を引っこ抜くは危険です!死にいたる病気に発展することもあるといわれています。鼻毛を抜くと外からのばい菌を防ぐことができなくなってしまいます。鼻毛には、体内に入ると深刻な病気を引き起こすばい菌がいっぱいからみついています。基本的には鼻毛は処理しないほうが健康にはいいのですが、鼻から長い鼻毛が出ていれば、そのままにしておくことはできませんよね。ではどのような方法で対応すればいいのでしょうか。このように鼻毛は、鼻のフィルターの役割を果たしているにも拘らず、鼻孔から露出すると極めて不体裁という理由で、しばしば抜かれるということになります。
鼻毛を抜く際には、親指と人差指により引き抜く行為もあるが、現在では道具を用いて抜いたり切ったりする事が一般的でした。かつては毛抜きを用いる事が多かったようですが、しかしながら近年の技術革新により、回転する刃により鼻毛を切除する鼻毛カッターというものが発明され、鼻毛の処理は自動化されました。これを鼻の穴に突っ込み、バリカンのごとく鼻毛を一網打尽に削ぎ落とすことが可能になりましたので鼻毛の機能を残したまま、除毛することができるようになりました。
衛生学的観点からは、鼻毛を抜くことは決して奨励されません。鼻の穴は、外部からの塵埃や粘膜からの分泌物が常に滞留し、また体温や湿気によって細菌の絶好の培地でもあるため、むやみに鼻毛を抜くと毛穴に雑菌が入り込み、化膿する危険がありますから、『抜く』よりも鼻の穴から出てきた鼻毛を鼻毛鋏等で短く切る事が一番いい方法でしょう。

医療脱毛が最近利用されていますが追加料金は?

投稿日:

意外と知られていない医療脱毛の料金についてです。契約前にしっかりと確認しておかないと、あとあと+αの費用が掛かることもありますから、最初にしっかりと確認しておきましょうね。
料金を見てみますとまずは、カウンセリング料・初診料・再診料などがありますが、一般的には無料なんですが、医院によってはカウンセリング料・初診料・再診料が掛かるクリニックもあるので確認が必要です。
それから、毛を剃り忘れたという場合も追加料金が必要になる場合もあります。医療脱毛で使う脱毛機のほとんどが毛を剃ってからレーザーを当てるという手順なので、毛を自宅で剃ってきてくださいというところが多いです。ただし、うなじや背中などご自身での剃毛が難しい箇所はスタッフがしてくれるところがありますが、剃毛は剃り残し1,000円、全剃毛1部位につ2,000円くらいを取られるところもありますので気を付けましょうね。
一番問題なのは追加料金が掛かってしまうかもしれない脱毛による“増毛化・硬毛化”現象の治療ですね。原因は未だ解明されておりませんが、産毛の増毛化は、レーザー照射により毛根周囲の組織を活性化してしまうことで、“産毛が太い毛に育ってしまう”“照射した周囲の毛が増えてしまう”という見解が現在のところ一般的となっております。硬毛化・増毛化は脱毛を続けることで解消されますが、起きてしまった場合、契約回数内で脱毛が完了しない場合があります。硬毛化・増毛化の原因は不明ですが、少なくとも、クリニックの責任で発症する症状ではありません。
その意味では、再度治療費を請求されても仕方ないのですが、なかには、硬毛化・増毛化に対する処置を無料で行なってくれる良心的なクリニックもありますので、そのあたりは、最初のカウンセリングで詳しく聞いておくことが必要かと思います。

Iライン、Oラインの脱毛は恥ずかしい?

投稿日:

Iライン、Oラインは、自分でもめったに見る機会のないと思われるIライン、Oライン。そもそも、そんなところに毛が生えているのかということも知らなかったという人もいるのではないでしょうか。もちろん、お尻のほうまで見る機会がありませんから。でも、どんな女性でも毛髪量は人それぞれでそれなりに生えている人の方が大半ではないかとおもいます。もちろんエステで脱毛する前には、電気シェーバーで、I、Oの部分のアンダーヘアは剃っていかないといけませんので、その時点でなんだか恥ずかしい気もします。エステで実際に脱毛を行う場合は、ほとんどのところが、脱毛をするときは紙ショーツに履き替え、両サイドを半分づつずらしながら処理していきます。しかし、VIOラインの脱毛は、毛量の多い人や、粘膜の部分であること、あるいは色素沈着して黒ずんでいる人などはかなりの痛みを伴います。人によっては、10分も掛からずに終わるビキニライン脱毛ですが、痛みに弱い人は、1ショット打つたびに休憩を挟むので1時間掛かる人もいるようです。ハイジニーナ脱毛やV,I,Oラインの脱毛プランがあるエステはそもそも、その部分の施術回数も多いため、エステティシャンも慣れていますから、本人が恥ずかしがるほど、施術者は気にしていないと思います。。
アンダーヘアをお手入れすることに抵抗があったり、下品であるとおもっている人もいらっしゃるかと思いますが、あくまで自分がしたいかどうかという問題ですから、みんながする必要はないと思います。
かわいい下着が履きたいそういうモチベーションでもいいと思います。

V,I,Oラインの脱毛とはどんな脱毛?

投稿日:

ビキニラインは本当に前から見える部分のVラインと奥のまたの間のIラインとがあって、さらに最近ではOラインといって、お尻の穴周囲の脱毛プランまであります。それらをすべて含めて最近では・V,I,Oラインの脱毛と呼んでいるようです。V,I,Oラインの脱毛をすべて処理することをハイジニーナともいいます。欧米諸国では、かなり前から、VIOラインの脱毛は常識となってます。
ビキニライン(VIO)の脱毛をしておくと、生理のとき、蒸れやにおい、かゆみとかが改善され、小さいショーツでもはみでないので、セクシーな下着も楽しめますから、さいきんVIOまでされる若い方が増加してきているようです。ハイジニーナといってアンダーヘアをすべて永久脱毛してしまう人も最近はいるようですが、女性の場合、性器の位置などによってはあまりきれいではない場合があるので注意が必要です。女性器の位置が前についている人と奥にあって下向きに付いている人などその様子はさまざまですから、あまり自分のVIOなど普段はまじまじと見たことがない方多いと思いますが、身体のすべてを知っているということはとても大切なことですから、VIOライン脱毛を機会に、一度確認されてみてはいかがでしょう。個人的な好みもあると思いますがアンダーヘアの形はある程度整えていると清潔感もありセクシーだと思います。様々な理由から、最近はビキニライン脱毛やさらにハイジニーナ脱毛をされるかた増加しています。

全身脱毛した場合に費用はどのくらいかかるの? 

投稿日:

どこのエステやクリニックでも全身脱毛プランというシステムがあります。でも、一口に全身脱毛といってもどこからどこまでという基準がありませんから、ひとくくりで金額を出すことはできません。
ですから、最初にエステやクリニックのホームぺージや店舗をよく観察して、自分にあったお店を選ぶことがたいせつです。いきなり全身脱毛プランで数十万払ったのに、エステが倒産したり、契約内容が途中で変更になったりなんて理不尽なこともたまにありますから、わき脱毛、ビキニライン脱毛などで、6回きっちりエステに通ってエステを見る目を養ってから、高額なプランをどこでやるか?考えるのが一番いい方法かもしれませんね。全身脱毛の場合費用は10万円とか、30万円とか、エステによってかなり幅があるのはプランの内容がさまざまですから、10万円代の全身脱毛プランだとすごくお得な気がしますが、どの程度までが全身なのか、回数は何回なのかなども、サロン選びの重要な問題になります。わきの下、ビキニラインは比較的安いですが、ひざ下、ひじ下だけで10万円以上することもあります。それに意外と永久脱毛したい箇所ってすごく小さなパーツだったりします。たとえば、足の指の毛、手の甲や指の毛などもけっこう高額になります。

全身脱毛は回数と期間はどのくらいなの?

投稿日:

全身脱毛を一度もしたことがない人が最初から全身脱毛プランを契約するのはちょっと危険です。自分の毛髪量で自分の満足の行く結果がでるまで何回通う必要があるか?見際極めてからでないと逆に損をする可能性もあります。全身脱毛プランを契約する場合、プランにいろいろと条件が付いていることも多いので、完璧に脱毛したい箇所のみパーツ別に受けた方が割安なんてこともあるのです。また、通う回数なんですが、基本プランには6回コースとか10回コースとか書いてありますが、自分自身の脱毛が、その回数で完了するとは保証がありませんから、通う期間の延長が可能かもかなり重要な確認ポイントですよね。。全身となると、1回の施術時間が長くなるため、2回に分けて通わなくてはいけないエステもあります。1回分を2日に分けて通うということです。そして1日目を上半身、2日目を下半身。とわけて施術するんですね。ということは1年に12回通わないといけないんです。エステによっては全身を1回の来店で済ませてくれるところもありますが、全身を丁寧に照射すると2時間くらい掛かかりますので、施術をする人も、施術を受ける私たちもかなり、精神的にも体力的にも疲れてしまいます。そういうことも踏まえると、脱毛初心者はいきなり全身脱毛プランに挑むのはおすすめできません。

全身脱毛サロンの正しい選び方とは 

投稿日:

全身脱毛は10万円を超える高額コースになる場合がほとんどですから、よほど慎重にお店選びをしないと、ムダ毛ではなくて無駄金を使っただけということにもなりかねません。
全身脱毛は特に長期間店舗に通わなければいけませんから、自分の通いやすい場所とか、もし、どこかへ引っ越しがあった時でも
他の支店で施術ができるなどのkとも考慮しなければいけません。全身脱毛サロン選びで注意することは、わかりにくい全身脱毛プランのお店はやめましょう!
。回数と期間の確認は、一番多いトラブルですので必ずしましょう。一度にあれもこれもと欲張らないことが大切です。慎重に決めましょう。全身脱毛っていうと全身どこでも施術してもらえると思いがちですが、全身脱毛プランってエステによってかなり内容が違います。全身といってもポイント制で脱毛できる箇所ごとに消化されるポイントが違ったり、全身脱毛といっているのにIラインやOライン、顔は除くと条件が付いていたり、回数制で、とてもすべてのパーツの施術をしてもらえなかったりなどなど、全身脱毛プランに10万円とか20万円払っても、各パーツがすべてツルツルになれるわけではないというのが本当のところです。全身脱毛で注意することは、細かい条件がホームページにしっかり明記されているエステは少ないので、もし全身脱毛を考えているなら、予約する前に詳細を確認することが大事です