最近注目され始めましたのが、除毛クリーム効果があるといわれます、豆乳ローションです。「抑毛」といった言葉で言い表されたりもしますが、ようするに、“今、生えているムダ毛を徐々に退化させていく”これがムダ毛に効くという豆乳ローションの効果です。使い続けていくうちに、濃いムダ毛が薄くなっていき目立たなくなる。これが豆乳ローションを使うことで得られるメリットなわけです。ですから、この場合は即効性はありませんのでゆっくり根気よく使用するのがいいでしょう。
豆乳ローションの使い方はとっても簡単で、毎日1,2回ほど適量を手で塗るだけです!
1.お風呂上がりに塗る
お風呂やシャワーを浴びた後、ムダ毛が気になるところに手で塗ります。
一回に塗る量の目安ですが、ボディローションを塗る感じで、塗った箇所がしっとりとするぐらいでよいでしょう。
2.カミソリで剃ったり毛抜き処理をした後に
ムダ毛処理をした後に豆乳ローションを塗ります。
抑毛効果に加えて、豆乳ローションの保湿成分によりムダ毛処理による肌荒れを抑えてくれるので一石二鳥です。
3.コットンに豆乳ローションを含ませてパッティング
化粧水でのパッティングと同じ要領でむだ毛を薄くしたい箇所に行います。
4.綿棒を使ってピンポイントで塗る
眉毛やなかなか薄くならない一本毛など、ごく狭い範囲に塗りたいときには綿棒を活用。
豆乳ローションの使い方の例はこんな感じでしょうか。結論としては、体の部分によって最適な塗り方をしましょう、ということになります。また、一度に沢山塗ってしまうとローションが下に垂れてしまってもったいないのと、一度に大量に塗ったからといって効果が即実感できるわけではないので注意です。豆乳ローションはゆっくりとムダ毛に作用するので、一度にこれでもか!と塗りたくる使い方よりは、毎日欠かさず適量を塗る使い方のほうが、効果的で一番早く実感が得やすいといえます。