手掌多汗症の手術では、この交感神経の働きを遮断する目的で切除手術を行います。交感神経切除手術には、「腔鏡下胸部交感神経遮断術」という難しそうな名前が付いていますが、それほど難易度が高い手術ではなく、また、大規模な手術でもありません。そして、手術は掌に行うのではなく、手術名の通り、胸の手術です。脇の下にあけた4~5mmの穴から胸部交感神経をメスで焼き切るという方法が現在では一般的に行われています。胸の手術といっても、手術時間はおよそ30分程度で済み、入院することなく当日帰宅できるケースも多いようです。手術跡も殆ど目立たないでしょう。しかし、この手術には副作用もあります。当然ですが、人によって大きく個人差があり、手術を受けた人全員に副作用が出るわけではありません。手足の発汗を抑えることはできるのですが、その代わりに別の部位からの発汗が増える「代償性発汗」というのが第一の副作用です。背中や胸の下に症状が多くあらわれるといわれています。その他にも、頭痛や喉の渇きといった症状も多く報告されているようです。いずれにしても、一度焼き切ってしまった交感神経は元には戻せませんし、その後に起こる副作用についても、事前に確実に把握できるわけではありませんから、手術は最終的な手段として考えたほうが良いでしょう。代償性発汗とは、手掌多汗症改善のための交感神経切断手術を行った人に現れる副作用の一つです。手掌多汗症は交感神経が過敏に反応することから起こるとされているため、その改善のための手術では交感神経の切断が行われます。しかし、この手術を行うと、手足の発汗は抑えられるのですが、その代わりに身体の別の部位の発汗が増加してしまうことがあります。その症状を代償性発汗といいます。具体的には、背中やお腹、太もも、お尻、ひざの裏側など、それまでは殆ど汗をかかなかった部位からの汗が増えてしまう現象です。この副作用は個人差もあるので、全員が必ず発症する訳ではなく、また、その症状の重症度にも違いがあります。この代償性発汗は、気温が25度を超えると、胸より下の下半身に特に汗をかくのが特徴です。酷い場合には服がびっしょり濡れるほどの汗をかき、いすに座っている場合などはお尻や太ももが特に汗をかきやすくなるようです。これは交感神経を切断してしまったことにより、温熱性発汗を抑制する機能が弱まったり、働きにくくなる為に、以前より大量の汗をかいてしまうのです。