手汗は緊張した時にでたり、暑さで掌に汗をかく程度なら特に問題はありません。それは誰にでも起こりうる正常な身体反応です。しかし、常に掌がじんわり湿っていたり、それ以上に汗が出ているようなら、手掌多汗症と判断してよいでしょう。手掌多汗症による手汗は、体質とか遺伝とか生まれつきと思っている人も多いようですが、そうではありません。その多くは精神的に緊張しやすいという問題と、交感神経が敏感に反応してしまうことが原因といわれており、後天的なものとされています。ですから、自分が人と違って手汗が多いのだと知ったときから一気に症状が悪化するという事例も少なくないのです。手汗をかく人の殆どは、いつもハンカチやタオルを握り締めるなどして対処していることでしょう。手掌多汗症の対処法としては、精神的な緊張をほぐし、日常的な緊張度合いを和らげる為、カウンセリングを受けたり精神安定剤を服用する方法が一般的です。一時的に発汗を防ぐ手段としては、制汗剤を利用するという手段もありますが、市販されている一般的な制汗剤ではなく、医師に処方してもらったものでなければ、殆ど効果は無いといわれています。注射による薬物治療法は、長期的に継続する必要があり、効果の出方にも個人差があるようです。また、日本ではあまり普及していませんが、イオンフォレーシス法という微弱電流を利用した療法もあります。思い切った対処法では、交感神経を切る手術がありますが、副作用があるため、あまりオススメできません。精神性発汗とは、緊張、ストレス、不安などが原因で、一時的に局所的に汗をかく現象です。これは通常、誰にでもあることで、大勢の人の前に立ったり、受験などのような大事な局面で手や脇に汗がにじむのはごく当たり前の出来事です。しかし、この状況が日常的にずっと続いたり、その汗の量が異常に多かったりするケースを精神性多汗症とよびます。一般的な精神性発汗は殆ど問題はありませんが、精神性の多汗症だと放置していられません。日常生活や社会生活にまで影響を及ぼしてしまうことがあるからです。常に汗をかいている掌を恥ずかしく思い、握手などができない。あるいは、人の手と触れた瞬間に「気持ち悪い」と言われたことがトラウマになって、人と接するのにも消極的になり、被害妄想にまで不安が増大してしまう。対人関係への不安から、仕事の大事な局面でも成果を発揮できずにますます自分に自信が持てなくなるという人もいます。人から嫌われているのでは?という思いにとらわれるあまり、対人恐怖症にまで発展することもあるようです。精神性多汗症は神経質な人、几帳面な人、完璧主義者、周りに気遣いすぎる人、あがり症の人、繊細な人がなりやすいと言われています。精神性多汗症の人は自分で自分を追い詰め、負のスパイラルに陥りやすいのが特徴です。ですから、一度なってしまうと、どんどん悪化していくのです。できるだけ早めにカウンセリングを受け、場合によっては精神安定剤などを服用して対処しましょう。