栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということがすっかり一般的になりました。

母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、母体の健康を保つという観点からも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。

それでは、いつ必要になるのかと知りたい方もいると思います。

赤ちゃんが葉酸を一番必要とするのは妊娠直後です。

その一方で、授乳中も多くの葉酸を必要とするので、授乳している間は積極的に摂ることをすすめます。

待望の子供を授かって、身体には本当に気を遣いました。

特に注意が必要なのは妊娠初期だと全く同じことを母と医師が言っていたからです。

多くの本や雑誌、インターネット上の記事に妊婦には葉酸が不足しがちで、赤ちゃんの発育にも影響すると書いてあったため葉酸のサプリメントを買って飲み始めたのです。

ほとんど食事ができないくらいつわりがひどいときもありましたが、サプリは栄養補助食品で、薬とは違うので食事をとれないときも飲めて安心できました。

胎児が神経管閉鎖障害などにならないようにするため、ビタミンB群である葉酸の効果が認められています。

あらゆる妊婦の葉酸摂取を近年は厚生労働省も推奨しているのです。

葉酸は水溶性で熱に弱いのでよほど毎食毎食意識しないと妊婦に求められる量の葉酸は摂取できないでしょう。

足りない分はサプリなどを飲んで妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは継続して摂取することが望ましいです。

最近、だいぶ浸透してきた話ですが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。

生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、急速に発達していくのです。

いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。

さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており自分のためだけでなく、赤ちゃんの分もお母さんが摂取しなくてはならないので、妊娠を望んだときから、断乳するまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。

子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、その手の本やサイトを調べたところ、葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると赤ちゃんの順調な発育を助けるという点がみんな同じだったので、さっそく葉酸サプリを飲み始めたのです。

妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、摂りすぎは禁物ですが、そうでなければ、どの本にも赤ちゃんと母体のために出産まで摂って欲しいと書いてあったため、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。

身体に良いといわれるビタミンの一つが葉酸で、不足するよりは多く摂った方が良いと単純に考える方もどこかにいるのかもしれませんが、過剰に葉酸を摂取することが続くと身体には害になります。

例を挙げれば、発熱やじんましん、かゆみなどで、呼吸障害にまで至る大変な事態になることもあります。

葉酸は1日あたり1000μgが摂取の上限なので、サプリメントの大量摂取には要注意です。

葉酸の人体に対する作用と言えば、全身に血液が良く行きわたるようにすることが従来から挙げられています。

末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰痛や肩こりの他、冷え性や不妊の原因とも言われているので、そういう悩みをお持ちの方は一度、葉酸を摂るように努めてみると症状の改善につながるのではないでしょうか。

ビタミンEを、葉酸と同時に服用することでさらに血行を良くする効果があります。