今のところ、日本では先天性奇形の発生率が生まれてくる子供のうちの、約4%です。

奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが最近有名になってきた葉酸です。

赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって絶対欠かせない栄養素と言っても決して言いすぎではありません。

葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だと広く知られるようになりましたが、妊娠前に葉酸を摂取すると受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。

受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので、このときこそ葉酸が必要とされるのです。

ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、もちろん胎児の発育にとってもたくさん必要な栄養素のため、妊娠前から出産後までの摂取が大事になってくるのです。

子供を授かりたいと思うならば日頃から栄養のバランスを考えたいものですが、中でも葉酸が足りないことで、胎児の神経系に障害が発生しやすくなることが知られています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、摂取しても尿に溶け出しやすいので毎日補充しないと不足してしまうなかなかやっかいな栄養素なのです。

例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、その他の葉酸が多い食材も調べて、毎日食べるようにしてください。

お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後から葉酸サプリを購入して飲み始めました。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いとせかされたのですが、サプリメントを飲む時期の終わりは言われた記憶がありません。

1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントは終了にしていました。

しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったのでサプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。

他のビタミンB群と同じく、葉酸もすぐ水に溶け出してしまいます。

大量に摂取したときも体内に十分吸収される前に尿として排出される結果になってしまうのです。

そのことを踏まえ、葉酸サプリや錠剤も、一日量を一度に全部飲まずに、小分けにして飲んだ方が効果が上がるということに気をつけてください。

食事だけで葉酸の所要量を毎日摂ることはなかなか難しいため、たくさん摂取するだけでなく、少しでも排出されないようにして、十分に身体の中で働くようにしていきましょう。

女性にとって、妊娠初期にしっかり摂って欲しい栄養素が葉酸です。

この栄養素は、妊娠初期に胎児の脳と神経系が形成される過程で、盛んに使われるためです。

葉酸が、何に豊富に含まれているのか教えて欲しい、わかっていても毎日たくさん食べるのは難しいなどの悩みをお持ちの場合は、栄養補助食品や葉酸を強化した食品で、集中して摂ることもできます。

お腹の赤ちゃんがすこやかに育つように無理のない方法で、葉酸を必要な量だけ摂れるようにしたいものです。

葉酸はビタミンB群で、水溶性であり吸収率が空腹時に高まることとなり効率よく葉酸を摂ろうと思ったら胃に何も入っていない食間なのです。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、数回に配分して摂った方が身体に対して良い効果があるとされています。

一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのが葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。