ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが良いと言えます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。