保険適用外インプラント治療金額は歯科医院次第

投稿日:

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院ごとに大きく異なります。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。

おすすめのクリーム・ローション脱毛効果を検証@痛い・高いのは嫌という人