IHクッキングヒーター

投稿日:

オール電化、相変わらずの人気ですね。これから住宅を新築される方は、おそらく皆さんオール電化を検討されるのではないでしょうか?オール電化とは、生活のエネルギー源を全て電気にするというものですが、やっぱり気になるのは電気代ですよね。電気代があまりにもかかるようだったら、いくら環境にやさしいと言われても、火を使わないから安全だと言われても、オール電化にしたとしても手放しで喜べないものがありますね。オール電化では、確かに電気代は高くなります。ですが、ガス代や灯油代がなくなる分、この差し引きで節約になっていることが多いため、オール電化は、結果的にお得なものと言うことができるでしょう。ある試算によりますと、24cmのホーロー鍋を使用して、水温20℃の水1リットルを90℃まで沸かすには、都市ガスでは3円60銭かかるのに対し、、オール電化のIHクッキングヒーターなら2円40銭と、電気の方が安く済むのだそうです。さらに、給湯器の試算では、都市ガス給湯器だと月額5904円かかるのですが、電気温水器だと3057円と、もちらも電気代の方が安くて済むのです。ただしこの電気代は、時間別季節別で割引されている電気代で試算されていますのでちょっと注意してください。他にも、オール電化にすることでお得な電気料金メニューがあります。導入しているオール電化の機器の種類によっては、契約内容を変更することで、更に光熱費の節約を図ることができるというプランがあります。例えば、東京電力でいうところの夜間の電気料金が大幅に安くなる「電化上手」というプランのようなものです。このプランで契約すると、夜間にお湯を沸かすエコキュートを使用することで電気代はかなり節減できます。このオール電化割引プランは、どこの電気会社にもありますので、まずは電気会社に問い合わせてみて下さい。オール電化の住居へのリフォームを希望する人が増えているそうです。これから住宅を新築するのではなく、今の住宅をオール電化にする、ということです。安全で快適、しかも経済的で、環境にやさしい生活の為の設備に変えていくと言うのが、最近の人気のテーマになっています。オール電化へのリフォームの足がかりとして、まずはエコキュートの設置、そしてIHクッキングヒーターをガスコンロの代わりに導入することからはじめたらいいのではないでしょうか?リフォームの業者によって、多少の違いはありますので、まずは、見積もりを出して見ることからやってみましょう。オール電化にしていく事は、経済的なことを考えても、そして、地球環境を考える上でもおすすめの方法です。IHクッキングヒーターは、真夏の暑い日に料理していてもガスを使わないので熱気がこもらないし、吹きこぼれなどによる火の立ち消えの心配がないので、料理をする人には助かる点だと思います。ガスコンロよりお手入れが簡単ですし、安全なのも嬉しい特徴です。また、エコキュートは、ガスの給湯器よりエネルギー効率が高いですし、更には電気代が昼間の3分の1になる深夜電力を利用しますから、給湯器に使用する電気代は大幅に低減されます。エコキュートは「エコロジー」な「給湯器」から付けられたネーミングどおり、ガスや石油を使わず空気中の熱でお湯を沸かし、冷媒にフロンではなく二酸化炭素を使用しているため、環境に非常に優しいとされているのです。オール電化へのリフォームは、確かにお金がかかります。しかし、長い目で見ればオール電化住宅にした方が、後の光熱費は削減できるのです。エコキュートを導入すれば国から補助金が出ることもありますので、オール電化へのリフォームをご検討の方は、まずは情報収集からはじめてみて下さい。「IHクッキングヒーター」「セントラルヒーティング」「安全」「安心」おそらくオール電化と聞いてオール電化初心者の方が一番最初に思うのは、電気だけで給湯や暖房をすると電気代が大変じゃないか?ということでしょう。経済的とかって言うけど光熱費がちょっと安くなるだけじゃないの?って方もいらっしゃるでしょう。ところが、オール電化にすれば、電気代やガス代、灯油代などの光熱費が削減されるだけでなく、場合によっては、光熱費がタダになってしまうこともありえるのです。では、このオール電化の仕組みについて、ちょっと説明しますね。住宅をオール電化にする場合に、エコキュートの存在抜きでは語れません。エコキュートとは、空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒体として二酸化炭素を使用している機種のことを言います。このエコキュート、エネルギー効率が従来のガス給湯の約9倍なんです。つまり光熱費の約1/3を締める給湯にかかる費用をこのエコキュートを導入することで大幅に削減できるわけです。また、オール電化にすると様々なオール電化割引電気料金や補助金が適用されることになります。この補助金について説明しますと、住宅にエコキュートの導入を予定している場合に、下記の条件をクリアできれば、補助金が受けられます。補助金を受けることの出来る条件とは、(1)補助金交付の対象となるエコキュートの設置を予定していること(2)エコキュートの据付(着工)前に申し込み、受理後に据付(着工)できること(3)エコキュートを購入設置して使用する申請者に対して補助金が交付されること(4)申請者本人が使用し、6年(法定耐用年数)以上使用できること(5)エコキュートの設置工事完了期限日および完了報告書類提出期限日を厳守できること(6)他の国庫補助金と重複して補助を受けないこと(7)電力会社への個人情報の提供について同意すること、この7項目です。なお、オール電化に関する補助金の申請先は、都道府県によって異なるようですので、申請の際には、まずは市町村役場へお問い合わせ下さい。 オール電化の住宅と、エコキュートは切っても切れない間柄です。エコキュートを設置してこそ、オール電化住宅が環境にやさしく経済的にお得になるのです。そもそも、エコキュートとは何かといいますと、電力会社と給湯機メーカーが共通で使用している自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機の総称です。エコキュートは空気の熱をくみ上げることで、その熱でお湯を沸かしています。常温の空気からお湯が沸くほどの熱が得られる仕組みについてですが、これには冷媒が関係しています。冷媒とは、熱を運ぶ働きをする物質で、エコキュートでは二酸化炭素が使われています。二酸化炭素が熱を運ぶヒートポンプの仕組みですが、まず大気中の熱を二酸化炭素が吸収します。吸収された二酸化炭素が、コンプレッサーで圧縮されると高熱になるのですが、その熱を熱交換器で水に伝え、お湯を沸かすのです。この仕組みによってエコキュートは高温のお湯を沸かしているのです。オール電化の住宅が人気を博している中、なぜエコキュートが注目されているのは、やはり健康にやさしい点と、経済的である点につきます。環境の面で見てみると、エコキュートは、「ノンフロン」よりも地球温暖化への影響が少なく環境に優しい二酸化炭素を使っていること、しかも工場等から排出されるものが再利用されていて高く評価されています。光熱費の面で考えますと、エコキュートはヒートポンプによって大気の熱を利用しているため、従来の加熱式温水器の3割程度の電気でお湯を沸かせ、省エネ効果が期待できます。またエコキュート導入補助金制度という国の補助金もあります。これだけ環境にやさしく経済的なエコキュート、オール電化の住宅にするのなら設置するしかないですね。オール電化の住宅が、今、非常に人気が高いことはご存知かと思います。もしかしたら、自宅をオール電化にしようかと検討中の方もいらっしゃるかもしれませんね。ただリフォームはしたいんだけど、そのための費用を考えると踏み切れない、という方もいらっしゃるかと思います。オール電化後の電気代がご心配な方もいらっしゃると思います。オール電化とは、お風呂やコンロなどを全て電気で賄う仕組みだからです。でも、そこは大丈夫です。オール電化にすると光熱費の負担は軽くなります。オール電化へリフォームをするとどうなるかと言いますと、お風呂は湯沸かし器から電気給湯器へ、コンロはガスコンロからIHへ変わります。ちなみに、お湯を沸かしたい時にガスコンロだと時間が掛かってしまいますが、IHだとすぐに沸騰してしまいます。威力はすごいです。また、ガスコンロと違って時間が経てば忘れていても自動的に電源が切れます。だから、火事を防ぐ事ができますね。では、このIHクッキングヒーターを導入するには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。まずは、オール電化への足がかりとしてIHクッキングヒーターを設置したいところですが、その環境やIHの機種によっても異なりますが、おおよそ20万から45万円で導入が可能です。ビルトインタイプのIHクッキングヒーターの場合、本体価格が約15万~35万円です。取り付けの費用は、5万~10万円になります。さらに、電気給湯器であるエコキュートを設置するためには、だいたい55万円から95万円で導入が可能です。エコキュートの本体が約45万~80万円、設置費用がおおよそ10万~15万円と言ったところです。ただ、工事費については業者によって多少異なりますから、まずは見積もりを出してみることをお勧めします。オール電化にするための費用は、決してお安いものではありませんから、業者選びをはじめる時点から慎重に行ないたいものですね。